何に気をつけるべきか

院内

会社もある程度大きくなると、社員の健康管理が重要になります。社員の健康管理は、社員に対して健康であってほしいと祈ることも大事です。また、社員が一人一人健康に対する習慣付けをさせることも重要になります。ですが、それだけではなかなか健康状態を維持するのが難しいこともあるでしょう。このような時、会社に1人産業医を置いておくことで健康管理を客観的に行うことが可能です。この時気をつけておきたいのは、どこの業者に紹介してもらうかです。紹介してもらう業者がいい加減な対応をしていれば、充分な管理ができない可能性が出てきます。そのため、その業者の実態を事前によく調べておくことが必要でしょう。実態を調べるためには、ホームページ等をよく見ておくべきです。

契約に至るまで

産業医の紹介をしてもらうためには、その仕組みをよく理解しておくことが必要になります。まず、会社と直接契約をしてくれる医者がいなければ、産業医紹介の業者にお願いをするのが1番楽になります。そのような業者は、インターネットで検索をすればいくつもヒットするでしょう。申し込みをすると、業者の方から連絡が入ります。最近は、自動的にメールの返信などがありますが、実際に対応してくれるのは営業日の間だけです。その後連絡をして、現在どのような社員の人数になっているのかあるいはどの程度変更管理が必要なのかなどを明確にすることにより、選ぶ医者が決まってくるわけです。医者に関しては、若い医者もいれば60歳以上のベテランの医者もいるため、その中から選ぶことも可能です。

料金等はどうか

産業医を紹介してもらったら、その後契約を行いますが、契約後の仕組みを見ていくと会社に常駐させるかどうかを決めなければいけません。会社に常駐させる場合には、しっかりとしたお金を払わなければいけないでしょう。反対の大きな会社ならば、医者を1人か2人常駐させたほうが安心できることになります。ですが、そこまで大きな企業でなければ常駐させる必要はないでしょう。この場合、1日おきに会社に来てもらい定期的に診断をしてもらう方法もあります。また、場合によっては1週間に1度だけ医者を呼び医療の相談などをしてもらうと良いでしょう。特に最近は、精神病を患っている患者も多い傾向にあるため、その限り週1回から2回は来てもらったほうが安心です。どれくらいの頻度で産業医を呼ぶかによって、その費用が異なるところです。安くて1突き当たり30,000円位から対応しているところが多いでしょう。

広告募集中